目的

本会は、1988年に埼玉県内の大学・短期大学図書館で設立された任意団体です。会員間の相互協力を通じて、相互の改善向上を図ることを目的とし、その目的達成のために幾つかの事業を行っています。詳細は「会則」などをご覧下さい。

このページはリンクフリーですが、下記へご一報いただけると幸いです。
sala_web☆googlegroups.com
(☆を@に変換してください)

 

SUCRA

 

協賛企業












ナカバヤシ株式会社



キハラ株式会社



 

カウンタ

COUNTER153224

SALAの広報誌について

ここには埼玉県大学・短期大学図書館協議会が発行する広報誌を収録しています。
広報誌は、会報とSALA通信があります。
SALA通信は2009年を持って終了し、現在は会報(年1回)を発行しています。
 

会報について




会報は、SALAの一年間の事業を紹介しています。 
総会講演会、研修会、図書館と県民のつどい埼玉などをコンテンツとして取り上げています。

1992年に創刊され、年1回、会員館に配布されています。
 

会報 No.25(2017年3月発行)

    SALA会報25号.pdf


【内容】

・第29回総会記念講演
「出版業界の現状と将来 〜紀伊國屋書店の目指すもの〜」
 高井昌史(紀伊國屋書店代表取締役会長兼社長)

・第28回研修会講演
「学修資源としてのラーニングコモンズ
 : アクティブラーナーを育てるために図書館ができることは何か」
 野末俊比古(青山学院大学准教授) 

・図書館と県民のつどい埼玉2016報告
 
・活動報告2016 
             
・新代表幹事館あいさつ
 埼玉大学図書館

・平成28・29年度SALA幹事紹介

 

会報 No.24


    SALA会報_No.24.pdf

 【内容】
 
・第28回総会記念講演
 「大学生が森を創る : 駿大『森林文化』の取り組み」
  原 聰(駿河台大学心理学部)

 ・第27回研修会講演
 「社会システムとしての図書館における協働の意義 : 学びあうコミュニティの形成を視野に」

  石川 敬史(十文字学園女子大学人間生活学部)


・第27回研修会 事例報告1
 「共読ライブラリープロジェクトにおける『協働』の試み : 教員・学生・外部のプロとの協働の実際」
  中嶋 康(帝京大学メディアライブラリーセンター)


・第27回研修会 事例報告2
 「十文字学園女子大学図書館のライブラリーサポーターの活動 : 図書館総合展ポスターセッション最優秀賞までの道のり」
  安達 美奈子(十文字学園女子大学図書館)

・平成27年度Open Library Weeks : OLW実施報告
 相澤 修一郎(淑徳大学みずほ台図書館)
 菊池 美紀(聖学院大学総合図書館)
 廣瀬 洋(埼玉医科大学附属図書館)

・図書館と県民のつどい埼玉2015報告「SALA加盟図書館所蔵資料展示会」
 中山 浩二(聖学院大学総合図書館)

・活動報告2015
 鈴木 正紀(文教大学越谷図書館)

 

会報 No.23

        

   
    【内容】
    ・「医療における薬剤師の活動」
      細谷 治(城西大学薬学部)     
     ・第26回研修会報告  
     「地域における大学図書館と公共図書館の役割」
      内野康彦
     事例報告 「進化する図書館ボランティア」
            筑波大学付属図書館ボランティアについて
           原澤仁美(筑波大学付属図書館情報管理課専門職員)
     事例報告「地域と大学図書館をつなぐものは」 
      塩谷智紗子(文教大学あいのみ文庫)
    ・平成26年度Open Library Weeks:OLW実施報告
      相澤修一郎(淑徳大学みずほ台図書館)
                        若生政江(城西大学水田記念図書館)   
                      ・図書館と県民のつどい埼玉2014報告 
                          「SALA加盟館図書館所蔵資料展示会」
                      ・活動報告2014
                         鈴木正紀(文教大学越谷図書館) 
  
 

SALA会報(バックナンバー)

名前
サイズ
作成日